おたくま経済新聞

ネットでの話題を中心に、商品レビューや独自コラム、取材記事など幅広く配信中!

タグ:昆虫食

  • 「昆虫食TAKEO 浅草本店」の「まゆ刺し」
    ユニークな昆虫食メニューを提供するレストラン「昆虫食TAKEO浅草本店」(浅草1-3-14-2F)は、カイコの繭(まゆ)を材料にした名物メニュー「まゆ刺し」のレギュラー提供を6月23日で終了すると発表。理由は原料の安定調達が困難になったことからだと説明されています。突然の知らせにファンから惜しむ声が上がるなか、その類まれなる食感にあらためて注目が集まっています。
  • 特別なセリシン繭を使った「まゆ刺し(480円)」
    東京は西浅草にある昆虫食レストラン「TAKE-NOKO」に、昆虫が苦手な人でも大丈夫な土日祝限定の新メニュー「まゆ刺し(480円)」が登場しました。絹糸の成分であるタンパク質フィブロインをほとんど含まず、保護層のタンパク質セルシンの含有量が多い特別なカイコの繭、セルシン繭を材料に、中のサナギを取り除いて繭そのものの味わいをシンプルに楽しめる品。これまでになかった食感が評判を呼んでいるといいます。
  • タガメのエキスを配合した「ムシアメ(税抜300円)
    アジアで代表的な食用昆虫、タイワンタガメのオスから抽出したエキスを配合した飴「ムシアメ」が、昆虫食通販サイト「バグスファーム」で2021年12月7日に発売。昆虫食で人気の高いタガメの香りも楽しめる8個入りで、税別300円となっています。
  • 昆虫食おままごとセット INSECTS COOKING TOYS
    誤解されがちな昆虫食への想像力を育て、理解をはぐくむことを目的につくられた「昆虫食おままごとセット INSECTS COOKING TOYS」が11月27日から表参道アート・イン・ギャラリーで開催されている「見る見る見た目展」にて展示されています。美味しい昆虫食の香りを再現した3種のフレーバーとともに、昆虫食を五感で楽しむことができます。昆虫食の正しい調理を体験できるよう、セミの羽が取れたり、バッタのギザギザの足が取れたりするする仕様。
  • 「ばったラーメン」は約31匹分のばった入り
    2021年春に発売され反響を呼んだ「こおろぎラーメン(しょうゆ)」に続く、昆虫ラーメンの第2弾が登場。一杯約31匹分のばったパウダーを配合したインスタント麺「ばったラーメン【しお】2人前(粉末スープ付き)」が昆虫食通販サイト「バグズファーム」にて11月22日より発売となりました。価格は税込780円です。草の良い香りがするばったの風味を邪魔しない塩ラーメンになっているとのこと。
  • 「追いコオロギうどんセット」(税込み1750円)
    今年7月に昆虫食を販売している「bugoom」(日本サプリメントフーズ株式会社)から「コオロギうどん」(税込810円)と「追いコオロギうどんセット」(税込1750円)が発売され、世間を驚かせました。麺にはなんと、約100匹分のヨーロッパイエコオロギが練り込まれているといいます。1750円のカップ麺……というのはなかなかのお値段。ずっと気になっていたのですがやっと入手できたので、食べてみました。
  • 埼玉育ちの「嵐山こおろぎ」が麻辣味で登場
    食糧問題解決のため、埼玉県嵐山町で昆虫の養殖を手がける太陽グリーエナジーでは、ピリ辛な刺激が特徴の「昆虫煮干し 埼玉嵐山こおろぎ・麻辣味」を商品化。2021年5月18日より公式ネットショップで販売開始しました。材料のコオロギは埼玉育ちの国産で、おやつにもお酒のおつまみにも最適だとのことです。
  • こおろぎラーメン【しょうゆ】2人前(粉末スープ付き)
    昆虫食を気軽に自宅で体験できるインスタントラーメン「こおろぎラーメン【しょうゆ】2人前(粉末スープ付き)」が発売。アールオーエヌが運営する昆虫食通販サイト「バグズファーム」にて、税込780円で4月22日より発売予定。食用コオロギを粉末にして使用することで、昆虫への抵抗を軽減。50匹分のコオロギパウダーを配合していながら、見た目には一切昆虫を感じさせない仕上がりになっています。
  • コオロギのチリオイル
    少しずつ世の中に浸透しつつある「昆虫食」。とはいえ、虫の姿に抵抗感が……という方も多いと思います。そんな方でもこれなら大丈夫かもしれません。昆虫食通販サイト「バグズファーム」を運営する株式会社アールオーネヌから、脂肪酸のバランスに優れた昆虫オイル3種と、昆虫チリオイルが2021年1月28日より販売開始です。
  • ここ最近、昆虫食の話題が多くなっています。一部コンビニでのコオロギスナックの販売や、無印良品でのコオロギせんべいの販売など……世界の食糧危機対策として様々な昆虫食の試みが増えている中、昆虫食が手軽に買える自動販売機も増えてきています。そんな昆虫食自動販売機の中から、秋葉原にある「MOGBUG(モグバグ)」に行ってみました。
  • 食には常に新しいものを求める探究心があります。味や量、栄養で新境地やネタを求めた中には、一見キワモノと思われるものも。コンビニで販売されるネタ商品は必ず買うくらい冒険心に溢れている筆者、本コラムでは初めての昆虫食としても体験しやすい、と評判のTAKEOで販売されている、タガメエキス入り「タガメサイダー」を飲んでみようと思います。
  •  「無印良品」を展開する株式会社良品計画から、「コオロギせんべい」(190円/税込)が5月20日にネットストアで先行販売されます。 (さらに…)…

編集部おすすめ

  1. フィリップ モリス インターナショナル VP プロダクトカテゴリーマネジメントSFIP マティアス・ビューラーさん
    日本での発売開始から今年で10周年を迎えた、加熱式たばこ「IQOS」。実はフィリップ モリスにとって…
  2. 画像提供:あかほしさん(@akahosisan)
    コスプレイヤーにとっての夏とは、いつも以上に熱中症対策が欠かせません。そこで自身の経験も踏まえて注意…
  3. 「珉亭」コレクションフィギュア
    ブシロードクリエイティブのオリジナルカプセルトイブランド「TAMA-KYU(タマキュー)」より、東京…
  4. フィールド系ラブラドールのペップさん
    「こちらにお座りください、そしておやつをください」さわやかな笑顔に椅子へと案内しつつ、しっかりおやつ…
  5. ディズニーリゾート好きなフードランキング
    インターネットリサーチなどを行うNEXERと業務用食材などの仕入れ通販や卸売を行う八面六臂が共同で「…
  6. 画像提供:toshiboさん(@JIYUKENKYU_jp)
    「おわかりいただけただろうか」。思わずこのような言葉を使用したくなってしまう「ブルッ」と震える映像が…
  7. 見事なアラレちゃん走りをキメる猫、ジン君
    こんなにキレイなアラレちゃん走りのできる逸材がいたなんて……! 人間も思わずビックリの猫さんがSNS…
  8. 画像提供:週休8日の猫吸いさん(@8VA64ArRkX7nOHE)
    ボクシングの試合のように、2匹の猫がパンチを打ち合う瞬間を捉えた写真。とても躍動感あふれる一枚ですが…

提携メディア

ページ上部へ戻る